DQ10思い出プレイ日記005:恐怖のロンダの氷穴

ベータテストフェーズ3.0

前回パーティを組むと効率がいいことを覚えたハマーン。
ソロでいっかくウサギを狩ってる人をパーティに誘う作戦に出た!


DQ10C005_1.jpg


仲間になったのはウェディ子
いっかくウサギおおきづちを倒してレベルアップし、もの足りなくなっておにこぞう狩りを始めた。
これがとても効率がいい。
敵は強くなったが、経験値がいい。
もりもりレベルが上がって調子に乗ったハマーン。

地図を開くと見える、ロンダの氷穴が気になってしょうがなくなった!
このダンジョン…一体何があるのかなぁ……気になるなぁ。

行く必要があるのかどうかもわからないダンジョン散策に、仲間のウェディ子をも巻き込んだ!
大丈夫か少し不安ではあったものの、敵は勝てないほど強くもなかった。
よく覚えてないが、今と同じいたずらもぐらオニオーンがいたんだと思う。

奥まで行ってみよう!
とガンガン先へ進んでいくハマーン。
ついてくるウェディ子

あるところで変な渦にぶつかった。
「外かな?」
その時メッセージが出た。
「この先へ進むにはパーティリーダーの準備g…パーティが揃いました。
え、最初の文読めなかったんですけど。
後から追いついてきたウェディ子が渦に触れた瞬間、先へ進むことになった。
急に雰囲気が変わったこともあり、この時点であっ…(察し)

斜めに区切られた右下に自分らのパーティ。左上には怪しい瞳と???の文字。
唐突なボス戦である。

ロンダの氷穴。
あるはずのストーリーを何も知らされないまま放り出されたこの世界で、
ダンジョンの奥に居たボスとは
DQ10C005_2.jpg

ウェディ子を攻撃する黒竜丸
ダメージは20位。
痛いが、即死するほどではない。
そうだ、こんな雑魚ばかりのダンジョンなんだし、ベータテストだし、勝てない敵がいるわけないじゃないか!

黒竜丸の闇のブレス!
80のダメージ!死亡確認‼
全滅した…。



ウェディ子には素直に謝った。
関連記事

拍手する FC2Blog Ranking ←クリックで応援お願いします←

テーマ : ドラゴンクエスト10
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

人気ブログランキング
↑♪1日1回クリックで応援お願いします♪↑
描いている人

ハマーン・オム

ハマーン・オム

DQ大好き!コメント返事します♪



RSSリーダーで購読する

検索フォーム
人気ブログランキング