DQ10思い出プレイ日記007:小さなメダル

  • 2014/12/31(水) 13:00:00

ベータテストフェーズ3.0

レベルもそこそこ上がったハマーンは、ついにランガーオから遠く離れた土地へ旅にでることにした。
南へ向かい、獅子門を通過、敵など気にせず一気にグレン城へ到達していた。
グレンはそれはそれはにぎやかな場所であった。
駅前には見たこともない高レベルな冒険者がたくさんおり、白チャットでお互いにパーティ募集をし合っているのだ。

特にカニ漁とやらが人気らしく、いたるとこで募集があった。
まぁおそらくまだレベルが足りないだろう。今はスルーだ。


パーティを組んでいたドワ男から、グレンに関する情報を聞く。

なんとここグレンには小さなメダルを交換してくれる人がいるというのだ!

その人がいるという噂の牢屋へ向かうと、
そこには一人の人間が捕まっていた。

その男の名はレノッホ
製品版ではプクランドのキラキラ風車塔で黄昏ている彼が、なんと地下牢に投獄されているのだ!

レノッホは民家のタンスを漁って小さなメダルを探していたところ、それを見つかったため投獄されたらしい。
みんな!人のタンスを漁っちゃダメだぜ!
それは勇者にだけ許された特権なんだ!
あるじゃねーかよ!コインと剣がよ!おやめください勇者様!

ベータテストではラッカランに行けないため、こういう配置になったんだと思われる。

話を戻そう。
レノッホさんは牢屋の中でもメダル集めに注力していた。
なんと牢屋に面会に来る冒険者を使って、世界中の小さなメダル集めを続けているというのだ!

大量の景品を牢屋に持ち込んですらいる。
装備欄で空欄になっているアクセサリーもここで交換してもらえるようだ。

しかし一体どうやって景品を持ち込んだというのか?

レノッホinグレン城


すぐそこに門番がいるのに、犯罪者との物品のやり取りは問題ならないのか?
そもそもドラクエってタンスを漁ると逮捕される世界だったっけ!?

いろんな疑問が頭をよぎるが、一番大事な疑問は
「小さなメダルってどこで手に入れるんだ?」である。
経験上、タンスやツボはランダムで選ばれるらしくそこにメダルはないような気がする。
たぶん宝箱に入ってたりするんだろう。
宝箱はどこに…。

するとパーティにいたドワ男(忘れてた)から、宝箱の場所を案内してくれるとのお達しが。

そして初めて大地の箱舟に乗りオルフェアへ。
オルフェアの町には宝箱があり、小さなメダルやらゴールドやらが手に入った!
かなり入り組んだ場所にあったため、一人ではきっと見つけられなかっただろう。

こうして小さなメダルを手に入れることができたハマーンだが、
結局ベータテスト中に交換することはなかったという。

関連記事

拍手する FC2Blog Ranking 人気ブログランキング

拍手・ランキング・Twitter等、応援よろしくお願いします!



DQ10思い出プレイ日記006:キーボード買った日

  • 2014/12/13(土) 23:00:00

2012年7月1日。
ベータフェイズ3.0。

オンラインゲーには絶対必要なアイテムをついに入手した!
その名もキーボード!!!

DQ10で使ってるワイヤレスキーボードK270

しかも初めて無線キーボードだ!

無線ってもしかして反応が遅いんじゃないの?とか、
反応がとぎれとぎれになったりして困るんじゃないの?という心配があったんだけど、
実際に使ってみると、全くそんなことなく問題なく使えた。
電池はもちろん必要だったが、1年経っても電池切れることはなかった。

今までは「よく使うセリフ」で会話するか、
wiiリモコンから一文字ずつ選択して登録できるセリフのみで冒険を続けていた。
だが、柔軟でストレスフリーな冒険をするにはキーボードは欠かせないものだ!

自由にしゃべれることでいい質問ができるようになった!
一番聞きたかったこと、それは、
すいませんジャンプってどうやるんですか?
飛べないエルフはただの豚だ

たまにジャンプしてるキャラを見かけるので、ぜひともマネしたかったのだが、
wiiリモコンのどんなボタンを押してもジャンプしない!
十字キーのようなものもあるので違うだろうと思いつつも波動拳コマンド(↓↘→P)してみたりもしたがやはりジャンプしない。
だが、戦闘とも関係ないしなかなかわざわざ1文字ずつ打つ面倒なやり方でこんなことは聞けなかった!

何人か聞き取りを行ったところ、定型文でわからないアピールをする人が数人、
キーボードでわからないという人も数人、
知名度もキーボード普及率も低い!

そして何人目かの聞き込みの結果、ついにジャンプの仕方が判明!
それは
「wiiリモコンを縦に振る」‼‼

うおおおおおおおお、ボタンでもコマンドでもなかったあああああ‼‼

wiiリモコンには、モーションセンサーがあったのかぁ!
ボタンですべて試したと思っていた自分にとって、新しい次元の扉が開いた気がした…!

そしてエルフのジャンプ可愛いいいい!!
エルフはジャンプするとき、羽をものすごくパタパタさせるのだ!
ほんとはもっと飛びたいのか!?
でも飛べないのだ!

こうしてしばらくハマーンは常に飛び跳ねる(うざい)存在となり、
道行く冒険者の「ジャンプどうやるんですか?」の質問にドヤ顔で答えて回ったという。

関連記事

拍手する FC2Blog Ranking 人気ブログランキング

拍手・ランキング・Twitter等、応援よろしくお願いします!